bugfix> zipkin > 投稿

既存のコードにZipkinを使用したSpring Cloud Sleuthを追加して、トレース情報を収集し、最終的に任意のメッセージを記録します。通常のリクエストスパンがZipkinに正しく送信されます。

2018-05-25 15:25:19.254  INFO [myapp,4c01686771321248,9c4b58c457df1acc,true] 1 --- [nio-7200-exec-6] c.f.l.service.SiteService                : SiteService: getData

ただし、Zipkinにログメッセージを送信したい(新しいスパンまたは既存のスパンへの注釈として)。 org.slf4j.Logger を使用する場合単に LOG.info("something") へ 、 INFO が表示されますコンソール出力のメッセージ、 exportable trueに設定されたフラグ:

2018-05-25 15:25:19.274  INFO [myapp,4c01686771321248,9c4b58c457df1acc,true] 1 --- [nio-7200-exec-6] c.f.l.service.SiteService                : something

Zipkinでトレースを確認すると、スパンは正しく見つかりましたが、 LOG.info() で使用されているメッセージ行はどこにも見当たりません-これは私がここで何か間違ったことをしていることを示唆している、または多分それはこのように動作するはずではないでしょうサンプリング率は100%に設定されています。

slf4jインターフェースを使用すると、既存のコードが既にそのようにインスツルメントされているため便利です。出来ますか?もしそうなら、それを実装する良い方法は何でしょうか?

回答 1 件
  • However, I'd also like to send log messages to Zipkin (either as new spans or annotations to existing spans). If I use org.slf4j.Logger to simply LOG.info("something"), I see the INFO message in console output, with the exportable flag set to true:

    ログをZipkinに送信することはできません。ログステートメントをELKに送信できます。サンプルhttps://github.com/marcingrzejszczak/vagrant-elk-boxをチェックアウトできます。このボックスにはELKを含む浮浪者ボックスがあり、ログ相関にSleuthを使用し、ELKを使用してログを視覚化します。

あなたの答え